横浜鎌倉の四季新ページ城花旅沖縄花旅沖縄花散歩

沖縄城グスク探訪

Visit to Okinawa Castle

沖縄のグスクは美しく流れるような曲線が見事です首里城今帰仁城中城座喜味城勝連城

那覇のアメダス今日天気時系列予報週間天気予報降水レーダーWeather

 沖縄県にある城グスクを、写真と地図、交通アクセスで紹介いたします。私は城が好きです。威厳に満ちたその姿と、洗練された機能としての「美」をもったものが多いからです。また城の石垣一つにも積み上げた技術と力学的なバランスがあります。沖縄読谷にある座喜味城をはじめて見た時には、心に軽い衝撃を受けました。石垣の持つ微妙なカーブと曲線の美しさに感動しました。世界遺産としても注目の「龍宮城」を思わせる、沖縄の城を写真と地図、交通アクセスで案内いたします。

サイト内の検索は下のカスタム検索を利用ください(例:沖縄 花)

首里城グスク写真・首里城グスク地図》

守礼門とハイビスカス花画像

守礼門前に咲くハイビスカス写真(撮影1月下旬)

首里城グスク地図首里城交通アクセス地図Map and Access to Shuri Castle

 首里城公園内を花散歩すると、四季の花々を観察することができます。に守礼門前を花散歩していると、赤色の美しいハイビスカスの花が出迎えてくれました(撮影1月下旬)。温暖な沖縄首里城公園では冬にもハイビスカスを見ることができます。

首里城久慶門

首里城公園久慶門写真

首里城グスク地図首里城公園広域地図Okinawa Shuri-jo Castle Park Wide Map

 沖縄県那覇市首里金城町にある首里城公園は、琉球王朝の首里城跡地にできた国営の公園(国営沖縄記念公園)です。残念ながら首里城は太平洋戦争で徹底的に破壊されてし合いましたが、首里城公園を花散歩すると首里城の琉球石灰岩でできた貴重な城壁や世界遺産である園比屋武御獄石門などを見ることができます。上の写真の首里城公園久慶門は、現在首里城公園の出口として使われている門です。かつて首里城公園久慶門は、琉球王朝時代通用門として使われていた門です。久慶門の創建は、1477年〜1526年で尚真王の時代と言われています。久慶門の上部は1983年に補修されていますが、首里城壁の下部は創建当時の琉球石灰岩が残されています。久慶門の下には「龍樋」と呼ばれる湧水があり、ここから「寒水川樋川」と呼ばれる良質の水が流れ出ます。

首里城歓会門ツワブキの花

首里城歓会門前に咲くツワブキの花写真(撮影12月下旬)

首里城グスク案内地図国営首里城公園案内地図Shurijyo Castle Gude Map

 首里城公園の周辺は自由に散策できますが、首里城内部は門限(朝8:00から)があります。首里城公園の入口は歓会門です。首里城歓会門は首里城の正門になります(参照首里城交通アクセス地図)。首里城内部もほとんどの区域が無料で利用できますので、気軽に花散歩してください。首里城歓会門の創建は1477年〜1500年で、門前には2頭のシーサーが置かれています。首里城歓会門の近くにツワブキの花が咲いていました(撮影12月下旬)。

今帰仁城グスク写真・今帰仁城グスク地図》

今帰仁城画像

今帰仁城グスク主郭の切り立った城壁と東シナ海写真

今帰仁城アクセス地図今帰仁城グスク明細地図Okinawa Okinawa Nakijin Gusuku Castle Fine Map

 今帰仁城グスクの創建は古く、13世紀頃と言われています。今帰仁城グスクは沖縄本島北部を支配していた、山北王国の怕尼芝王統の居城であったことが中国の歴史書史記や中山世譜に記載されています(今帰仁按司称山北王:中山世譜首巻より)。今帰仁城グスクが栄えた14世紀頃は、この付近は大陸との交易が盛んであったことが発掘品などからも分かっています。志慶真門廓から見る今帰仁城グスク主郭の城壁は見事で、東シナ海の青い海を背景に聳え立っています(参照今帰仁城交通アクセス地図)。

今帰仁城カンヒザクラ画像

今帰仁城グスク大隅に咲く色カンヒザクラの花写真(撮影1月下旬)

今帰仁城アクセス地図今帰仁城交通アクセス地図Map and Access to Nakijin Castle

 今帰仁城グスク大隅には、広い草原が広がっています。今帰仁城グスク大隅を花散歩していると、色の薄いカンヒザクラの花が咲いていました。カンヒザクラの花は、今帰仁城グスク大隅の美しく波打つ城壁を背景にきれいに咲いていました(撮影1月下旬)。今帰仁城グスク大隅を散策すると、石灰岩地形を観察できます。今帰仁城グスク大隅には今帰仁城の逃げ道、と言われる鍾乳洞もあります。

中城城グスク写真・中城城グスク地図》

中城城画像

中城跡一の郭から眺める中城湾写真

中城地図沖縄中城グーグル地図Okinawa Nakagusuku Castle Google Map

 沖縄県北中城村にある中城城跡は名築城家護佐丸の築城で、世界遺産にも登録された名城です。中城跡は貿易港として栄えた沖縄本島中部屋宜港から、約2qの丘の上にあります。中城跡は標高約170mの丘陵にあり、城郭の総面積は14473uあります。中城跡は連郭式の山城で、六つの郭(くるわ)と呼ばれる城壁に囲われた部分からなります。中城跡一の郭城壁上から眺める中城湾の眺めは素晴らしいです。

中城裏門アーチ門画像

中城跡裏門のアーチ門とツワブキの花写真(撮影1月下旬)

中城地図中城城跡観光地図Nakagusuku Castle Guide Map

 世界遺産にも登録された中城城の特徴は、美しい曲線的な城壁とアーチ門です。1854年に琉球王国琉米修好条約を結んだペリー一行も1853年に中城を訪れ、中城のアーチ門の素晴らしさを紹介しています(参照中城村商工会)。1月下旬に中城跡裏門を花散歩していると、アーチ型の美しい門の近くのツワブキの花が見頃でした(撮影1月下旬)。

中城二の郭とアーチ門画像

中城跡二の郭内の美しいアーチ門写真

中城地図那覇空港-中城跡交通アクセスMap and Access from Naha Airport

 中城城跡二の郭から一の郭に向かう石垣には、美しいアーチ(Arch)型の門があります。このアーチ形の門は堅牢で、見た目も素晴らしいものです。中城跡二の郭内の美しいアーチ門は、名築城家護佐丸によって築城された座喜味城と同じ形式のものです。

勝連城グスク写真・勝連城グスク地図》

勝連城画像

勝連半島の丘の上にそびえる勝連城壁跡写真

勝連城地図沖縄勝連城グーグル地図Okinawa Katsuren Castle Google Map

 勝連城グスク跡は曲輪(くるわ)と呼ばれる4層構造の城壁に囲われた山城で、四方は石垣で切り立っています。勝連城の設計は素晴らしく、急峻でありながら曲線を用いた美しい城壁が特徴です。現在残る勝連城は、最後の城主となる按司の阿麻和利の居城として知られています。

勝連城から見る沖縄の海画像

勝連城跡一の曲輪から眺める沖縄の青い海写真

勝連城地図沖縄勝連城広域地図Okinawa Katsuren Castle Wide Map

 勝連城グスク跡の最高地点は、標高約98mあります。勝連城跡の最高地点は一の曲輪(くるわ)と呼ばれ、四方が切り立った石垣で守られています。勝連城跡の最高地点からは、沖縄の海や中城(なかぐすく)も望めます。

勝連城画像

勝連城跡右旋回の階段に咲くオオバナノセンダングサ花写真(撮影1月下旬)

勝連城地図沖縄勝連城グーグル地図Okinawa Katsuren Castle Google Map

 沖縄県うるま市にある勝連城グスク跡は、世界遺産にも登録された名城です。勝連城跡は沖縄本島中部勝連半島の根元に位置する丘陵にあり、総面積は11897uあります。勝連城跡は曲輪(くるわ)と呼ばれる4層構造の城壁に囲われた山城で、最も高い城壁(一の曲輪)は標高約98mあります。勝連城跡右旋回の階段に咲く、白色のオオバナノセンダングサの花も綺麗です。

《首里城と識名園を結ぶ石畳道写真・石畳道地図》

石畳道

首里金城町石畳道の琉球石灰岩でできた石畳と石垣写真

石畳道地図那覇市首里金城町石畳道グーグル地図Naha Shuri Ishidatami Walk Google Map

 沖縄県那覇市首里金城町にある石畳道(いしだたみみち)は、琉球王朝時代の古道です。石畳道は1522年から首里城と当時の琉球王朝の迎賓館であった職名園、当時世界有数の国際貿易港であった那覇港を結ぶ琉球王朝の官道、真珠道(まだまみち)として建設されました。現在でも首里城守礼門から石畳道へ向かう、石畳道の入口には真珠道の表示がされています。首里城から首里金城町にある石畳道の急坂を下ってゆくと、琉球石灰岩でできた保存状態の良い石畳と石垣が見えます。

ヤハズカズラ花

石畳道に咲くヤハズカズラ属の花写真(撮影1月下旬)

石畳道地図那覇市首里金城町石畳道広域地図Naha Shuri Ishidatami Walk Wide Map

 首里金城町にある石畳道を花散歩していると、琉球石灰岩の石垣の間からキツネノゴマ科、ヤハズカズラ属の薄紫色の美しい花(コダチヤハズカズラ)が咲いていました。琉球王朝の古道、石畳道に咲くコダチヤハズカズラの花の色に心が癒されます(参照石畳道交通アクセス地図)。

シーサー像

首里金城町石畳道を見守るシーサー像写真

石畳道アクセス地図首里城守礼門-石畳道交通アクセス地図Map and Access from Shureimon Gate

 首里金城町石畳道を花散歩していると、民家の門前にシーサーが置かれていました。シーサーは沖縄県に伝わる、魔よけの獣です。シーサーの像は狛犬(こまいぬ)のように、首里金城町石畳道を見守っていました。可愛らしいシーサー像を、沖縄みやげに買って帰る方も多いようです。

《琉球王国の外交施設職名園写真・識名園地図》

識名園画像

琉球石灰岩の橋が素晴らしい識名園庭園写真

識名園地図那覇市識名園地図Okinawa Naha Shikinaen Garden Map

 首里城から石畳道を2q程進むと、識名園があります。職名園は中国風の回遊式庭園で、琉球王朝時代の接待外交に使われていました。識名園には中国的な部分と日本的な部分が混在して、かつての琉球王朝の国際的な立場をうかがい知ることができます。職名園も、世界遺産に登録されています。

カンヒザクラ花画像

識名園に咲くカンヒザクラ花写真(撮影1月下旬)

識名園交通アクセス地図職名園交通アクセス地図Map and Access to Shikina Garden

 首里城から2q程の場所にある識名園は、琉球王朝の外交施設として使われた場所です。首里城から識名園へは、琉球古道の石畳道があります。首里城から識名園へは、約2q程(徒歩約30分)あります(参照職名園交通アクセス地図)。識名園を花散歩していると、カンヒザクラの赤色の花が出迎えてくれました(撮影1月下旬)。

座喜味城グスク写真・読谷村座喜味城グスク地図》

座喜味城本丸のアーチ状の門写真

座喜味城本丸のアーチ状の門写真

座喜味城グスク地図座喜味城周辺広域地図Okinawa Zakimi Castle MAP

 座喜味城への入り口になる城門はサンゴの化石の入った、石灰岩でアーチが作られています。座喜味城は力学的にも合理的で、美しいフォルムをなしています。これらのアーチ状の門構造は、沖縄のグスクの中で最も古い構造のものであると言われています。

サンゴの石灰岩でできた座喜味城石垣写真

サンゴの石灰岩でできた座喜味城石垣写真

座喜味城グスク地図座喜味城周辺明細地図Zakimi Castle MAP

 読谷村の海岸から自転車で出て、ゆるやかな長い坂を、20分ほど汗をかきながら上りました。座喜味の丘の上に美しい、座喜味城がみえてきました。座喜味城は石垣だけしかありませんが、芝生の丘に美しく湾曲した城壁が見えます(参照座喜味城交通アクセス地図)。

ハイビスカス花画像

座喜味城近くに咲くハイビスカスの花写真(撮影1月下旬)

沖縄城グスク地図沖縄座喜味城グーグル地図Okinawa Zakimi Castle MAP 

 沖縄県中頭郡読谷村座喜味にある座喜味城グスクは世界遺産に登録された名城です。座喜味城グスクは1416年から1422年の間に名将、読谷山按治(あじ)護佐丸によって築城されました。座喜味城グスクの緩やかに曲線するサンゴ石灰岩でできた城壁は美しく、沖縄の自然と調和したその姿は、中城城(なかぐすく じょう)とともに世界的名城と称されています。座喜味城グスクを花散歩していると、美しいハイビスカスの花が出迎えてくれました。

 沖縄城グスク探訪を楽しんでもらえたでしょうか?沖縄の城グスクは石垣のカーブが美しく、自然と調和しているのが特徴です。残念ながら沖縄の城グスクは度重なる戦火で破壊され石垣を残すのみとなっています。沖縄の城グスクの建築物や周辺の施設などが残っていれば、どれほど素晴らしいものだったかと想像されます。いつか世界の貿易国家として繁栄した頃の、かつての琉球の城グスク(竜宮城?)を見てみたいものです。よろしかったらちゅら海水族館花散歩壷屋やちむん通り花散歩エメラルドビーチ花散歩備瀬フクギ並木花散歩をご覧ください。

沖縄花散歩へ戻る

沖縄花旅へ戻る

沖縄花紀行へ戻る

城花旅へ戻る

新ページへ戻る

四季出版へ戻る

四季の花散歩へ戻る

横浜鎌倉の四季へ戻る

Back to Japan Travel Photo Album

★沖縄の花散歩写真集★

九州沖縄花旅集 沖縄花紀行 沖縄花旅 沖縄グスク探訪 元気な市場通り探訪 名覇公設市場の魅力 座喜味城探訪 エメラルドビーチ花散歩 石畳道花散歩 沖縄花散歩 首里城花散歩 万座毛花散歩 ちゅら海水族館花散歩 万座ビーチ花散歩 備瀬フクギ並木花散歩 今帰仁城グスク花散歩 壷屋やちむん通り花散歩 カヌチャベイ花散歩 首里金城村屋花散歩 国際通花散歩 勝連城花散歩 中城花散歩 東南植物楽園花散歩 北谷花散歩 中村家住宅花散歩 熱帯ドリームセンター花散歩

★沖縄の便利な地図★

首里城交通アクセス地図 牧志公設市場交通アクセス地図 那覇国際通り交通アクセス地図 ちゅら海水族館交通アクセス地図 職名園交通アクセス地図 万座毛交通アクセス地図 エメラルドビーチ交通アクセス地図 石畳道交通アクセス地図 壷屋やちむん通り交通アクセス地図 備瀬フクギ並木道交通アクセス 今帰仁城交通アクセス地図 座喜味城交通アクセス地図

豪華★城めぐり花散歩★リンク

今帰仁城グスク花散歩 高松城花散歩 丸亀城花散歩 岡山城花散歩 紫禁城故宮博物院花散歩 今帰仁城グスク花散歩 首里城公園花散歩 長浜城花散歩 小田原城花散歩 沖縄城グスク探訪 五稜郭公園花散歩 会津の桜満開 姫路城好古園 紅毛城セントドミニカ城花散歩 八達嶺長城花散歩 レトロタウン松本散策 愛媛今治城 弘前城花散歩 高松城 彦根城百花繚乱 岡山城花散歩 玉泉院庭園花散歩 北の丸公園花散歩 勝連城花散歩 中城花散歩 姫路城八間廊下花散歩

私たちのページはリンクフリーです

Free Link to our Pages

引用なども自由にどうぞ

横浜鎌倉の四季から無料(Free Book)で読める写真集が刊行されました横浜鎌倉の四季出版一覧

安心★四季の花散歩★リンク

四季花散歩 夏花 初秋花 秋花 初冬花 冬花 早春花 春花 初夏花 青色花 赤色花 白色花 黄色花 紫色花 オレンジ色花 海浜植物 高原 熱帯植物 蘭花 更新記録

安心★横浜鎌倉の四季★リンク

奈良花旅花散歩 冬景色雪景色スキー 秋の花旅花散歩 横浜花旅集 鎌倉花旅集 三浦半島花旅集 北海道花旅集 伊豆箱根花旅集 七色の図鑑集 京都はんなり花旅集 奈良大阪宝塚花旅集 四国中国花旅集 九州沖縄花旅集 信州花旅集 会津花旅集 オアフ島花旅集 城めぐり花旅集 若狭街道近江路花旅 元気な市場通探訪 台北花散歩 春の花旅 北東北函館 横浜鎌倉湘南気象防災リンク 道南函館気象防災リンク 京都気象防災リンク 京都花の街 鎌倉花の街 横浜花の街 奈良花の街 ソウル花旅花散歩 花旅の四季 火山温泉探訪集 夏の花旅花散歩  駅から花散歩 海の花旅花散歩 東京花旅集 寺社の花旅花散歩 北京花旅花散歩  紅葉黄葉散歩 大阪花旅花散歩 あじさい花旅花散歩 山高原花旅花散歩 湖沼池花旅花散歩 沖縄花旅 沖縄花散歩 天津花散歩 北京街花散歩 小田原箱根花散歩 鎌倉街花散歩 横浜街花散歩 嵯峨嵐山街花散歩 植物園花散歩 横浜鎌倉の四季更新記録 横浜鎌倉の四季出版部 四季の花散歩 四季の花アルバム