横浜鎌倉の四季新ページ山高原花旅信州花旅牛留池乗鞍高原交通アクセス地図

乗鞍高原散歩

Plants and Flower of Norikura-kogen Highland

乗鞍高原は乗鞍岳山麓の静かな高原・乗鞍高原の四季の花や雪景色も綺麗

気象長野天気予報長野週間天気信州降水レーダー

 長野県市松本市安曇乗鞍高原は、標高1100m〜1800mにある自然豊かな高原です。乗鞍高原は乗鞍岳の噴火の溶岩流、土石流によって形造られた地形ですが自然に恵まれ、乗鞍岳などの山々の眺めも良いです。乗鞍高原は夏はハイキング、冬はスキーリゾートとして人気の場所です。夏に乗鞍高原を花散歩すると、高山植物や山の花に出会うことができます。乗鞍高原周辺の植物と花を写真と交通アクセス地図、乗鞍高原周辺に咲く花写真、乗鞍高原情報で案内します。

《乗鞍高原に咲く花植物写真・花観察地図》

ヤナギラン花画像

乗鞍高原に咲くヤナギランの花写真(撮影7月下旬)

地図乗鞍高原地図Nagano Norikura Kogen Highland Google Map

 乗鞍高原は、標高1100m〜1800mにある自然豊かな高原です。夏に休暇村乗鞍高原(標高約1590m付近)を花散歩していると、冬はスキー場として使われている草原にヤナギランの赤紫色の花がたくさん咲いていました(撮影7月下旬)。乗鞍高原に咲くヤナギランの花は、乗鞍高原に秋を感じさせる花です。

乗鞍高原シラカンバ林画像

乗鞍高原に涼しい木陰を造るシラカンバの木写真(撮影8月中旬)

 中部山岳地帯の乗鞍岳(標高3026m)山麓にある乗鞍高原(標高1100m〜1800m)は夏でも涼しいです。夏に乗鞍高原鈴蘭小屋(標高約1500m)近くを花散歩していると、白樺(シラカンバ)の林がありました。乗鞍高原のシラカンバの木陰は、夏でも涼しいです。乗鞍高原は、森林浴にも最適な場所です。乗鞍高原(標高1100m〜1800m)には白樺の他ダケカンバ、シラビソ、コメツガなどの素晴らしい森林が各所にあります。

ヤブカンゾウ花画像

乗鞍高原に咲くヤブカンゾウの花とアゲハチョウ写真(撮影8月上旬)

 乗鞍高原の自然は、多様で豊かです。乗鞍高原には様々な、動植物が生息しています。夏に乗鞍高原(標高約1500m)を花散歩していると、ヤブカンゾウの花に蝶が止まって蜜を吸っていました(撮影8月上旬)。乗鞍高原に咲くヤブカンゾウの花と、アゲハチョウも良いカップルです。

《乗鞍高原植物花情報・交通アクセス》

施設名 乗鞍高原(のりくらこうげん) Norikura-kogen Highland
住所 〒390-1513 長野県松本市安曇鈴蘭4306-5 TEL 0263-93-2147(のりくら高原観光案内所)
植物花 クルマユリ、シラカンバ、ワレモコウ、ノリウツギ、ギボウシ、アヤメ、ナナカマド、ハンゴンソウ
ヤナギラン、ウツボグサ、キツリフネ、キキョウ、ノコギリソウ、クガイソウ、ゴゼンタチバナ、ノリウツギ
ガマズミ、キンバイソウ、ニッコウキスゲ、ヨツバヒヨドリ、オダマキ、イブキトラノオ、オミナエシ
見所 滝、清流、牛留池、温泉、散策、森林浴、スキー、スノボ、乗鞍岳の眺、高原の植物、キャンプ
閉鎖日 なし(夏季:ハイキング、トレッキング、花散歩 秋季:紅葉 冬季:スキー、スノーボード、スノーシュー)
通行料 無料、無料駐車場有、
交通
アクセス
・乗鞍観光センターから牛留池へ車で5分、徒歩約45分(乗鞍観光センター-牛留池交通アクセス地図
・乗鞍山頂畳平から乗鞍高原へバスで約45分(乗鞍山頂畳平-観光センターバス時刻表
・松本駅から乗鞍高原へ乗用車で約70分(松本駅-乗鞍高原交通アクセス地図
・松本駅から乗鞍高原へ松電、バスで約1時間40分(松本駅-乗鞍高原電車バス時刻表
・上高地から乗鞍高原へバスで約1時間20分(上高地-乗鞍高原バス時刻表
・高山駅から乗鞍高原へ乗用車で約90分(高山駅-乗鞍高原交通アクセス地図
・新宿駅から乗鞍高原へ乗用車で約3時間30分(新宿駅-乗鞍高原交通アクセス地図

サイト内の検索は下のカスタム検索を利用ください(例:乗鞍)

《乗鞍高原に咲く花植物写真・花観察地図》

ワレモコウ花画像

乗鞍自然保護センターに咲くワレモコウ花写真(撮影8月下旬)

地図乗鞍自然保護センター地図Nagano Norikura Nature Center Map

 乗鞍高原(標高1100m〜1800m)は、広大な面積の地域です。乗鞍高原スキーリゾートの、ゲレンデ面積だけで135haあります。はじめて乗鞍高原を訪れる場合、どこに行ったらよいかわからない方も多くいるようです。地図に表示されない場合も多いようですが、乗鞍高原の中心地は乗鞍観光センター付近になります。乗鞍観光センターには観光案内所や売店、レストランなどもあります。また乗鞍観光センターに隣接して乗鞍自然保護センターもあり、乗鞍高原周辺の自然環境や動植物の情報を得ることができます。初秋に乗鞍自然保護センター(標高約1500m)を訪問すると、ワレモコウの花が咲いていました(撮影8月下旬)。乗鞍自然保護センターに咲く赤紫色のワレモコウの花は秋を感じさせる花です。

乗鞍高原牛留池画像

原生林に囲まれた乗鞍高原牛留池写真(撮影7月下旬)

 乗鞍高原(標高1100m〜1800m)の多くの場所は、乗鞍岳の山麓で原生林が広がっています。夏に休暇村乗鞍高原に近い牛留池(標高約1590m地点)を花散歩していると、原生林に囲まれた牛留池の向こうに、乗鞍岳を望むことができました(撮影7月下旬)。牛留池周辺には整備された木道があり、とても歩きやすかったです。原生林に囲まれた乗鞍高原牛留池で、池と乗鞍岳を望みながら森林浴を楽しむのもお勧めです。

オミナエシ花画像

乗鞍高原に咲くオミナエシの花写真(撮影8月上旬)

 標高の高い乗鞍高原の夏は短いです。夏に乗鞍高原(標高約1500m)を花散歩していると、秋の花として知られる黄色いオミナエシの花が咲いていました(撮影8月上旬)。もうしばらくすると、乗鞍高原に本格的な秋がやってきます。

《乗鞍高原に咲く花植物写真・花観察地図》

乗鞍高原小川画像

乗鞍高原を流れる小川の清流写真(撮影8月上旬)

 乗鞍岳(標高3026m)の山麓にある乗鞍高原には、1年中豊富な水流が見られます。乗鞍高原(標高1100m〜1800m)の水路や小川にも豊富な水流が常に流れています。夏に乗鞍観光センター近くの小川沿い(標高約1500m)を花散歩していると、小川にも清流が流れていました。乗鞍高原には滝や池、小川など水辺の散策路がたくさんあります。

コオニユリ花画像

乗鞍高原に咲くコオニユリの花と洒落た木の椅子写真(撮影8月上旬)

 乗鞍高原の散策は快適ですが、広大な面積があるので地図を持参して散策することをお勧めします。また散策路には見所も多いですので時間は多めに見て歩いた方が無難です。写真を撮影しながらの散策の場合、私の場合コースタイムの2倍も時間がかかることもあります。夏に乗鞍高原(標高約1500m)を花散歩していると洒落た椅子の周りにコオニユリの花が咲いていました(撮影8月上旬)。

クガイソウ花画像

牛留池近くの木道沿いに咲くクガイソウ花写真(撮影7月下旬)

 休暇村乗鞍高原に近い牛留池(標高約1590m地点)は木道が整備されているので、どなたでも比較的花散歩のしやすい場所です。夏に牛留池近くの木道沿いの道を歩いていると、薄紫色のクガイソウの花が咲いていました(撮影7月下旬)。牛留池近くの木道沿いに咲くクガイソウの花はお洒落な夏から秋の花です。

乗鞍高原ペンション画像

乗鞍高原に点在するお洒落なペンションやショップ写真(撮影8月上旬)

 乗鞍高原に点在するお洒落なペンションやショップなどを、眺めてみるのも楽しみです。乗鞍高原は夏より冬の方が、宿泊客が多いようです。夏は休業しているペンションも多いようですが、夏に店先で頂くコーヒーや軽食も良いですね。

《乗鞍高原に咲く花植物アルバム・花観察》

ノコンギク花画像

乗鞍高原に咲くノコンギクの花と蝶写真(撮影8月下旬)

 乗鞍高原(標高約1500m)に咲くノコンギクの花と蝶は秋を感じさせる(撮影8月下旬)

乗鞍高原熊画像

乗鞍自然保護センターに展示されたツキノワグマ写真(撮影8月中旬)

 乗鞍自然保護センター(標高約1500m)に展示されたツキノワグマ・私も乗鞍高原(標高約1800m)でクマに出会いました

シュウメイギク花画像

乗鞍高原最寄りの新島々駅に咲くシュウメイギク花写真(撮影8月下旬)

地図新島々駅-乗鞍高原交通アクセス地図Map and Access from Shinshimashima Station

 乗鞍高原最寄りの新島々駅(標高約695m)に咲く秋の花シュウメイギク(撮影8月下旬)

キヌガサギク花画像

乗鞍高原に咲くキヌガサギク花写真(撮影8月上旬)

乗鞍高原(標高約1500m)に咲くキヌガサギク(アラゲハンゴンソウ)の花も印象的(撮影8月上旬)

シモツケ花画像

乗鞍高原に咲くシモツケの花写真(撮影8月中旬)

地図乗鞍高原トレッキング地図Nagano Norikura Kogen Highland Trecking Map

 乗鞍高原(標高約1550m)に咲く薄紅色のシモツケの花もきれい(撮影8月中旬)

ギボウシ花画像

乗鞍高原の小川の淵に咲くギボウシ花写真(撮影8月上旬)

 乗鞍高原の小川の淵(標高約1500m)に咲くギボウシの花も涼しげ(撮影8月上旬)

フシグロセンノウ花画像

乗鞍高原に咲くフシグロセンノウ花写真(撮影8月上旬)

 乗鞍高原(標高約1500m)に咲くフシグロセンノウの花も珍しい花です(撮影8月上旬)

ハンゴンソウ花画像

乗鞍高原に咲くハンゴンソウの花写真(撮影8月中旬)

 乗鞍高原自然保護センター(標高約1500m)に咲くハンゴンソウの花は秋らしい花です(撮影8月中旬)

ヨツバヒヨドリ花画像

シラカバの木の下に咲くヨツバヒヨドリ花写真(撮影7月下旬)

 乗鞍高原(標高約1590m)シラカバの木の下に咲くヨツバヒヨドリの花(撮影7月下旬)

ノリウツギ花画像

牛留池池畔に咲くノリウツギ花写真(撮影7月下旬)

夏に乗鞍高原牛留池池畔の樹林帯(標高約1590m)を花散歩していると、ノリウツギの花が咲いていました(撮影7月下旬)。

《乗鞍高原交通アクセス地図》

地図乗鞍高原地図Nagano Norikura Kogen Highland Google Map

地図乗鞍高原広域地図Nagano Norikura Kogen Highland Wide Map

地図乗鞍高原明細地図Nagano Norikura Kogen Highland Fine Map

乗鞍高原の中心地乗鞍観光センターの交通アクセス地図です

(交通アクセス地図は下です・地図は移動拡大縮小等操作できます)

 長野県市松本市安曇乗鞍高原は、標高1100m〜1800mにある自然豊かな高原です。乗鞍高原周辺は1年中花散歩やトレッキング、スキー、スノーボードなどで気軽に楽しめる場所です。乗鞍高原花散歩の写真で1枚でも気に入った写真があれば幸いです。

 乗鞍高原花散歩を、楽しんでもらえたでしょうか?よろしかったら乗鞍畳平高山植物も眺めていってください。

山高原花旅へ戻る

高原の花へ戻る

高山植物へ戻る

信州花旅へ戻る

私たちのページはリンクフリーです

Free Link to our Pages

引用なども自由にどうぞ

★信州花旅のページ★

黒部ダム安曇野花旅 北アルプスの色 長池の自然 北信州花旅 北信志賀高原の色図鑑 草津白根火山と温泉 万座温泉花散歩 志賀高原の動植物 志賀高原大沼池 小布施花散歩 上高地の動植物 安曇野蝶と花の旅 白馬山麓のチョウと花 レトロタウン松本散策 上高地松本安曇野 黒姫野尻湖の旅 秋の上高地松本安曇野 白馬塩の道を歩く 須坂花散歩 旧開智学校 安曇野大王わさび農場花散歩 志賀高原木戸池花散歩 白樺湖花散歩 穂高神社花散歩 木戸池花散歩 中町通花散歩 八方池高山植物 八方尾根高山植物1 八方尾根高山植物2 八方尾根高山植物3 白馬ジャンプ場花散歩 白樺湖植物と花 麦草峠植物と花 車山高原植物と花 河童橋花散歩 田代池花散歩 牛留池花散歩 縄手通花散歩 観音原花散歩 善光寺花散歩 松本城花散歩

★便利な信州の交通アクセス地図★

松本城中町交通アクセス地図 小布施北斎館交通アクセス地図 ウエストン碑交通アクセス地図 善光寺交通アクセス地図 明神池交通アクセス地図 地獄谷野猿公園交通アクセス地図 河童橋交通アクセス地図 富士見岳交通アクセス地図 大沼池交通アクセス地図 八方池交通アクセス地図 麦草峠交通アクセス地図 松本城交通アクセス地図 開智学校交通アクセス地図 畳平交通アクセス地図 乗鞍高原交通アクセス地図