横浜鎌倉の四季四季の花散歩

横浜鎌倉の四季更新記録

Update Dater Four Seasons of Yokohama Kamakura

日本列島は現在秋の花が見頃です・日本各地に秋の花散歩に出かけましょう

更新2021.10.22

 現在日本列島は秋の花が見頃です。日本列島の秋は花旅花散歩に最適な季節です。各地の最新の情報なども紹介して行きますので、横浜鎌倉の四季更新ページをご覧下さい。横浜鎌倉の四季では、新しいページを頻繁に作成して、紹介しております。ご期待下さい。

サイト内の検索は下のカスタム検索を利用ください(例:秋の花)

《横浜鎌倉の四季・新・更新ページは下です》

富岡八幡宮画像

金沢八景富岡八幡宮花散歩(更新2021.10.22)

 横浜市金沢区にある富岡八幡宮の創建は古く源頼朝が摂津国難波の蛭子神(恵比寿神:西宮神社の末社のものと言われる)を勧請して創建、安貞年間(1227年~1229年)に八幡大神が合祀され八幡宮となりました。富岡八幡宮の祭礼は、7月(旧暦6月15日)と9月(旧暦8月25日)のニ季があり、いずれも「祇園舟」「湯立神楽」など鎌倉時代より八百年以上も継承されている特殊神事があります。富岡八幡宮は富岡八幡宮公園内にあり、富岡八幡宮近くには埋め立て前は海であった「船溜まり公園」があり、ここで「祇園船」などの神事が行われます。富岡八幡宮の花散歩を、写真と交通アクセス、富岡八幡宮周辺情報で案内いたします。

銀座画像

街歩き銀座花散歩(更新2021.10.21)

 東京中央区にある銀座は、東京を代表する華やかな繁華街です。銀座の歴史は江戸幕府ができてからで、1612年に銀座役所ができたのが始まりです。銀座では、当時世界の中心的な貨幣であった銀の鋳造が行われました。当時の日本の銀は世界の生産量の約三分の一を占め、世界中に輸出されていました。東京銀座のブランドは世界的で、海外からの観光客も多く訪れます。また近年では銀座とその周辺には各県のアンテナショップが並んでいて、各県の銘菓や名品を購入することができます。東京銀座を銀座写真と地図、交通アクセス、銀座情報で案内いたします。

杉本寺画像

鎌倉最古杉本寺花散歩(更新2021.9.29)

 鎌倉市二階堂にある杉本寺は、天平6年(734年)に行基が光明皇后の御願により開山した鎌倉最古の寺です。杉本寺の本尊は行基作と伝わる観音像で、他二体と共に秘仏十一面観音です。秘仏の十一面観音は非公開(毎月1日、18日に開帳)ですが、前立ちの源頼朝の寄進で運慶作と言われる鎌倉時代の十一面観音は見ることができます。杉本寺は素晴らしい文化財を擁した天平期に造られた鎌倉最古の古寺ですが、苔むした境内を散策すると杉本寺の1300年近くの歴史と文化を感じることができます。また杉本寺境内に咲く、四季の花も素晴らしいです。杉本寺を写真と地図、交通アクセス、杉本寺拝観情報で案内いたします。

永福寺跡花散歩

二階堂永福寺跡花散歩(更新2021.9.26)

 鎌倉市二階堂にある永福寺跡は、源頼朝建立の大寺院跡です。永福寺跡は源義経、藤原泰衡等、頼朝の奥州攻めで亡くなった武将等の鎮魂のため、平泉の中尊寺二階大堂等を模して建立され、建久五年(1194)に三堂が完成しています。永福寺は鎌倉幕府の御願寺として手厚く保護されましたが、応永12年(1405)に焼失し、以後は再建されませんでした。永福寺跡を写真と地図、交通アクセス、永福寺跡情報で案内いたします。

瑞泉寺画像

疎石瑞泉寺花散歩(更新2021.9.23)

 鎌倉市二階堂にある瑞泉寺の創建は鎌倉時代1327年(嘉暦2年)で、開山は夢想国師です。瑞泉寺は鎌倉公方足利家の菩提寺で、名勝に指定された夢想国師作庭の庭園は見事です。また瑞泉寺は鎌倉花の寺としても有名で、四季折々の花を楽しむことができます。また瑞泉寺は文学や学問とゆかりの深い寺で、夢窓疎石が庭園の後の山に建てた偏界一覧亭は、鎌倉五山の僧による五山文学の拠点として栄えました。鎌倉瑞泉寺を写真と地図、交通アクセス、鎌倉瑞泉寺情報で案内いたします。

朝夷奈切通画像

鎌倉古道朝夷奈切通花散歩(更新2021.9.21)

 鎌倉市と横浜市金沢区の境にある朝夷奈切通は鎌倉時代に造られた重要な道です。鎌倉幕府のあった鶴岡八幡宮付近と金沢文庫のあった横浜市金沢区称名寺付近を結ぶ道でした。朝夷奈切通は国の史跡にも指定され、保護されています。朝夷奈切通を歩くと鬱蒼と茂る木立の中に伸びる古道の静けさと歴史を感じることができます。朝夷奈切通を写真と地図、便利な交通アクセス、バス時刻表、朝夷奈切通通行情報で案内いたします。

鴫立庵画像

西行鴫立庵花散歩(更新2021.9.19)

 神奈川県大磯町にある鴫立庵は平安時代の有名な俳人である西行ゆかりの俳諧道場で、見学や施設利用が可能な施設です。鴫立庵は京都の落柿舎、滋賀の無名庵と並び、日本三大俳諧道場の一つとされています。鴫立庵のあった鴫立沢で平安時代に西行法師が「こころなき 身にもあはれは 知られけり 鴫立沢の 秋の夕暮」と句を詠んだこの場所に、寛文4年(1664年)崇雪がこの地に草庵を結んだのが鴫立庵のはじまりです。鴫立庵から少し鴫立沢を下ると、海水浴場として有名な大磯海岸に出ます。鴫立庵を写真と地図、交通アクセス、鴫立庵見学情報で案内いたします。

高龍寺山門画像

函館高龍寺花散歩(更新2021.9.5)

 北海道函館市函館山山麓にある高龍寺は函館最古の寺院で、1633年創建の曹洞宗のお寺です。高龍寺は創建以来、水害や大火、箱館戦争、開港など函館の歴史とともに歩んできた寺院です。高龍寺は箱館戦争の折野戦病院となりましたが、官軍側に放火され消失しました。その後高龍寺は現在地に移転(1979年)、再建(1899年)されました。現存する高龍寺の伽藍は素晴らしく、国の有形文化財に10件が指定されています。高龍寺は高龍寺を、写真と交通アクセス地図、高龍寺拝観情報で案内いたします。

鳳鳴四十八滝画像

作並鳳鳴四十八滝花散歩(更新2021.8.14)

 仙台市作並温泉近くにある鳳鳴四十八滝は、仙台の名流広瀬川上流にある大小さまざまな滝です。鳳鳴四十八滝はあまり有名ではありませんが、鎌倉山を背景に形を変えて流れ落ちる大小の滝は素晴らしいです。鳳鳴四十八滝は滝から響く美しい水音が、伝説の鳥「鳳凰」の鳴き声に似ていることから名付けられたと言われています。鳳鳴四十八滝を高台にある展望台から眺めると、渓谷の木々の間を流れ落ちる涼しげな滝の水音も素晴らしいです。鳳鳴四十八滝周辺に咲く、四季の花や紅葉も見事です。鳳鳴四十八滝を写真と地図、交通アクセスで案内いたします。

湘南の海画像

湘南湘南花旅花散歩(更新2021.8.4)

 湘南地方は四季の花が見頃で、花散歩には最高の季節です。また湘南地方は、晴れると海と青空、富士山がきれいです。富士の眺めが良い湘南の海辺の砂浜に江ノ電で湘南観光も洒落ています。それでは湘南花旅にでかけましょう。

瀬戸大橋写真

清涼河川橋花旅花散歩(更新2021.7.30)

 日本は山地が多く、河川の自然や清涼な水、優雅な橋が素晴らしい国です。今日は皆様に日本の素晴らしい河川と橋を、河畔に咲く花写真と地図で楽しみましょう。美しい河川や橋は、涼しげで爽やかです。変化に富んだ日本の河川や橋、水辺に咲く花を眺めてみてください。気軽にちょっと河川や橋の花散歩に、出かけてみるのも良いですね。河川橋花散歩を、写真と地図、河川橋情報で案内いたします。

女神橋画像

横浜女神橋花散歩(更新2021.7.19)

 横浜中区の大岡川河口のみなとみらい地区と、横浜新港地区を結ぶ歩行者専用橋の女神橋が開通しました。横浜新港地区には横浜赤レンガ倉庫やハンマーヘッド、マリンウオーク、ワールドポーターズなどお洒落な商業施設が点在し横浜散歩でも人気の地域です。横浜みなとみらい駅から海を眺めながら女神橋を渡り横浜新港地区に至る新しいルートができたことで今後この地域が一層発展しそうです。大岡川河口にできた新しい女神橋を写真と交通アクセス地図、女神橋情報で案内いたします。

魔王岳画像

乗鞍魔王岳花登山(更新2021.7.13)

 乗鞍魔王岳は中部山岳地帯、北アルプス乗鞍連山の一つです。乗鞍岳は標高3026mを有する剣ヶ峰を主峰とする23峰からなります。今日は乗鞍23峰の一つ標高2764mの魔王岳を花登山してみましょう。魔王岳の山麓、畳平(標高2700m)から魔王岳にかけては、高山植物の女王コマクサの花を始めとする、高山植物の花畑が広がっています。魔王岳の山麓畳平へは夏季バス路線も開設され、一般の観光客でも比較的気軽に行くことができます。しかし魔王岳は高山地帯で、標高2764mあります。天候の急変や降雪、落雷には充分気をつけてください。魔王岳の花登山の様子と魔王岳周辺の高山植物を写真と交通アクセス地図、魔王岳登山情報で案内しましょう。

恩賜箱根公園画像

箱根恩賜箱根公園花散歩(更新2021.7.3)

 箱根芦ノ湖畔にある恩賜箱根公園は1884年に宮内庁管理の箱根離宮として造営された施設ですが、戦後1946年に神奈川県立公園として開放された施設です。恩賜箱根公園は芦ノ湖畔の塔が島と呼ばれる半島の高台にある眺めの良い公園で晴れると富士山や箱根外輪山が一望できます。湖畔展望館2階のバルコニーからは、離宮時代にも劣らない素晴らしい箱根芦ノ湖の眺めを観賞することができます。恩賜箱根公園を写真と地図、交通アクセス、恩賜箱根公園情報で案内いたします。

七里ヶ浜画像

鎌倉七里ヶ浜花散歩(更新2021.6.30)

 神奈川県鎌倉市にある七里ヶ浜海岸は、江の島小動岬と稲村ケ崎を結ぶ約3㎞程の海岸です。七里ヶ浜の歴史は古く鎌倉時代には、鎌倉と京都方面を結ぶ重要な交通路でした。七里ヶ浜海岸は江の島の眺めや富士山の眺めが素晴らしい海岸として人気があり、日本の渚百選の一つにも選ばれています。七里ヶ浜海岸は遊泳にはあまり適していませんが、サーフィンやウインドサーフィンの適地とされています。鎌倉七里ヶ浜海岸を写真と地図、交通アクセス、七里ヶ浜海岸情報で案内いたします。

箱根関所画像

史跡箱根関所花散歩(更新2021.6.28)

 箱根芦ノ湖畔にある箱根関所の歴史は古く、奈良時代にはあったと思われています。箱根関所が天下にその名が轟いたのは江戸時代になってからで、東海道53次が整備されここが交通の要衝になったためです。箱根関所の「入り鉄砲に出女」の厳しい取り締まりで有名ですが、実際は「ほとんどは形式的であった」との報告もあります。箱根関所は1869年には廃止されましたが、2004年には復元され公開されています。箱根関所を写真と地図、交通アクセス、箱根関所情報で案内いたします。

乗鞍画像

高原乗鞍花旅花散歩(更新2021.6.15)

 乗鞍岳は中部山岳地帯、北アルプスの山です。乗鞍岳は標高3026mを有する剣ヶ峰を主峰とする23峰からなります。乗鞍岳の山麓には畳平(標高2700m)や乗鞍高原があり、高山植物の花畑が広がっています。乗鞍岳周辺は夏季バス路線も開設され、一般の観光客でも比較的気軽に行くことができます。乗鞍岳とその周辺に咲く花を写真と花観察地図でお楽しみください。

栗林公園画像

四国香川花旅花散歩(更新2021.6.10)

 四国瀬戸内に面した香川県は温暖で災害の少ない県として知られています。香川県は近年「うどん県」として脚光を浴びましたがその歴史は古く、古代からため池や水利の技術を持っていたようです。素晴らしい香川県の自然と文化、香川県の植物を写真と地図で案内いたします。

上高地画像

清涼上高地花旅花散歩(更新2021.6.8)

 長野県松本市上高地は北アルプス穂高山系の山麓に広がる平原です。上高地は12000年前から7000年前まで古上高地湖があり、固定の堆積物で平原が造られたことがボーリング調査で分かっています。上高地は現在梓川河畔の標高1500mの高原にあり、上高地からの穂高連峰の眺めは素晴らしいです。また北アルプス山麓にある上高地周辺を花散歩すると、高山植物や山の花、野生生物に出会うことができます。上高地周辺の植物と自然を写真と地図、交通アクセス、上高地周辺情報で案内します。

白馬山麓画像

山麓白馬村花旅花散歩(更新2021.5.15)

 長野県白馬村は北アルプス白馬三山や、五竜岳の山麓に広がる景観の美しい村です。白馬村の自然や文化、白馬村の花散歩を写真、花写真、地図、交通アクセスで案内いたします。白馬山麓の白馬村は、近年1年中自然と親しめるエリアとして世界中から注目を浴びている地域です。四季の花が美しい、白馬山麓の花旅花散歩をお楽しみください。

ベイ函館画像

函館函館大沼花旅花散歩(更新2021.5.15)

 北海道道南の函館大沼は古くから貿易で栄えた地域で、素晴らしい港湾と温泉、湖沼、山岳を擁した自然の豊かな地域です。現在函館大沼は夏は観光、温泉保養で冬はスキースケートなどのウインタースポーツでも人気があります。函館大沼は航空機、列車、フェリーなどアクセスも良く四季の自然と味覚、歴史も魅力です。函館大沼の魅力を写真と地図でご案内します。

由比ヶ浜海岸画像

鎌倉由比ヶ浜海岸花散歩(更新2021.5.15)

 神奈川県鎌倉市にある由比ガ浜海岸は鎌倉時代から歴史の舞台(静御前、源義経、新田義貞・・・)になっています。また由比ガ浜海岸は明治以降も避暑地や海水浴場として開けた場所です。由比ガ浜海岸は湘南を代表する海水浴場で、数多くの文学や映画にも登場する場所です。由比ガ浜海岸海水浴場は、湘南の風とほど良い波が人気です。由比ガ浜海岸はJR鎌倉駅や江ノ電由比ガ浜駅、長谷駅からも近く、アクセスの良い海水浴場としても知られています。由比ガ浜海岸は海水浴だけでなく、観光や食事、散策にも適しているのも人気の理由のようです。鎌倉由比ガ浜海岸を写真と地図、交通アクセス、由比ヶ浜海岸情報で案内いたします。

氷川丸とバラ花写真

山下公園氷川丸花散歩(更新2021.4.27)

 横浜港山下公園に係留されている氷川丸は、重要文化財にも指定された横浜港のシンボル的な存在です。氷川丸は太平洋航路で活躍した時にはチャールズ・チャプリンを乗客に乗せるなど華々しい経歴があります。現在氷川丸は日本郵船が、日本郵船氷川丸博物館として公開しています。また氷川丸前の山下公園バラ園(無料)のバラが、4月下旬から開花予定です。横浜港に係留された氷川丸と、山下公園のバラを楽しむのもお勧めです。氷川丸の写真と交通アクセス、地図、氷川丸見学情報を用意しましたので活用下さい。

清水寺画像

新緑清水寺花散歩(更新2021.4.16)

 京都東山にある清水寺は清水の舞台として知られる京都のシンボル的寺院です。清水寺の歴史は古く平安遷都以前の奈良時代の宝亀9年(西暦778年)頃から、観音霊場として信仰を集めていました。平安時代には清水は観音信仰の場として賑い、清少納言の枕草子にも「さわがしきもの」として清水寺と参道の清水坂が言及されています。例年清水寺は世界遺産にも登録され、世界的な観光地として観光客で賑わいます。京都東山にある清水寺を写真と地図、交通アクセス、清水寺情報で案内いたします。

横浜初夏のバラ花画像

初夏初夏の花図鑑(更新2021.4.8)

 日本列島に、初夏がやてきました。日本列島に咲く初夏の花を写真図鑑と観察地図で案内いたします。美しい日本列島の初夏の風を感じながら、日本各地を初夏の花図鑑を片手に花散歩してみましょう。初夏の花々の写真図鑑と撮影地の地図も用意しました。初夏の花図鑑を片手に、皆様も四季の花散歩に出かけましょう。

横浜ベイクオーター画像

駅近横浜ベイクオーター花散歩(更新2021.3.20)

 横浜駅北口から徒歩3分の場所にある、海と夜景が素晴らしい横浜ベイクオーターが人気です。「横浜みなとみらいや横浜港に行きたいが時間がない」「鎌倉観光の帰りに横浜で途中下車したいけど・・・」と言われる方も多いですが、そんな方にお勧めなのが横浜ベイクオーターです。横浜ベイクオーターは横浜駅から近くて、横浜のウオーターフロントにあります。横浜ベイクォーターでは、海を見ながらの食事や買い物が楽しめます。みなとみらいや山下公園に行く遊覧船シーバスの乗り場も横浜ベイクオーターにあります。おしゃれな横浜ベイクオーターで過ごすショッピングや食事、休息はきっと満足できると思います。横浜ベイクオーターを写真と地図、交通アクセス、横浜ベイクォーター情報で案内いたします。

本法寺宝塔画像

光悦縁本法寺花散歩(更新2021.3.13)

 京都市上京区にある本法寺は1436年日蓮宗日親の開山で光悦や長谷川等伯縁の寺で、光悦や等伯の文化財が多く残っている寺として知られています。本法寺の庭園は本阿弥光悦作庭の巴の庭が有名です。また本法寺に隣接して表千家や裏千家などもあり、京都花散歩にも最適な場所です。京都本法寺を写真、地図、本法寺交通アクセス、本法寺見学情報で案内します。

京都国立博物館画像

文化財京都国立博物館花散歩(更新2021.3.8)

 京都府京都市東区にある、京都国立博物館はわが国を代表する博物館の一つです。京都国立博物館には多くの収蔵品が保管され、その多くは画像でも公開(京都国立博物館収蔵品)されています。京都国立博物館の平常展示館(名品ギャラリー)が新装され、展示品も以前より変化しています。また時期により特別展や京都国立博物館内の庭園などの野外展示も行っています。京都国立博物館を写真、地図、京都国立博物館交通アクセス、京都国立博物館見学情報で案内します。

安里川画像

貿易外交安里花散歩(更新2021.2.2)

 沖縄県那覇市安里の歴史は古く、琉球王朝の貿易の要衝と考えられている場所です。那覇市安里は安里川に沿った街で、那覇と琉球の首都首里を結ぶ川沿いの水上交通の要衝にありました。安里には外交使節の冊封使(さっぽうし)を迎える崇元寺や安里橋などがあります。現在でも安里の街を歩くと、安里川沿いの交易や水上交通の跡を見ることができます。今日は沖縄県那覇市の安里の街の花散歩を、写真と地図、交通アクセス、安里見学情報で案内します。

首里城琉球赤瓦画像

赤瓦琉球赤瓦探訪(更新2021.1.30)

 沖縄県の伝統的建築物に使われる琉球赤瓦は、エキゾチックな色合いで沖縄の自然にあった実用的にも優れた瓦です。琉球赤瓦は灰色瓦よりも日光の熱の吸収率が低く、強い日差しの熱をうまく避けることができると言われています。また低温で焼かれた琉球赤瓦は雨などの水分を含み重く強風に耐え、水分の蒸発の気化熱を奪うために普通の瓦より涼しくなると言われています。美しい琉球赤瓦を写真と観察地図、交通アクセス、琉球赤瓦見学情報で案内します。

沖縄海洋博公園画像

国営公園海洋博公園花散歩(更新2021.1.28)

 沖縄県国頭郡本部町にある海洋博公園は、昭和50年に沖縄で開催された沖縄国際海洋博覧会を記念して、設置された国営公園で面積71.6haの広大な面積の施設です。海洋博公園内には、ちゅら海水族館や海洋文化館、沖縄郷土村、おもろ植物園、熱帯ドリームセンター、エメラルドビーチ、熱帯・亜熱帯緑化植物園、プラネタリウムなどの施設があります。広大な海洋博公園内を花散歩すると、沖縄の様々な植物や多様な沖縄文化に触れることができます。海洋博公園の花散歩を海洋博公園写真、地図、交通アクセス、海洋博公園情報で案内します。

南窯画像

登り窯南窯花散歩(更新2021.1.23)

 沖縄県那覇市壷屋にある南窯(ふぇーぬかま)の歴史は古く、1682年(尚貞王の時代)に琉球王府が沖縄各地の焼き窯をこの付近に集め統合した際に、琉球王府が作り与えたものと言われています。南窯は琉球陶器の荒焼を専門とする登り窯で、1996年夏ごろまで荒焼きの窯として使われていたようです。南窯の敷地には、喫茶店を兼ねた陶磁器店もあります。沖縄県指定文化財の南窯を写真と地図、交通アクセス、南窯見学情報で案内します。

京都府立植物園写真

観覧温室京都府立植物園花散歩(更新2020.12.9)

 京都市左京区下鴨にある京都府立植物園は、1924年(大正13年)日本で最初に開園した公立植物園です。京都府立植物園内には観覧温室のほか、正門花壇、はす池、ばら園、大芝生など20ほどのエリアがあり、面積24ヘクタールの広大な敷地にテーマ別に約12000種類、約12万本の植物が植えられています。特に観覧温室は、キソウテンガイやバオバブなど世界の熱帯植物が身近に観賞でき、規模、植栽植物の種類ともに日本最大級の温室となっています。京都府立植物園を写真と地図、交通アクセス、京都府立植物園情報で案内いたします。

清水坂写真

世界遺産清水坂花散歩(更新2020.12.5)

 京都東山にある清水坂は、清水寺の参道です。清水坂の歴史は古く清水寺ができた宝亀9年(西暦778年)頃から、清水寺の参道としてできた道です。平安時代には清水寺の観音信仰の参道として賑い、清少納言の枕草子にも「さわがしきもの」として清水寺と清水坂が言及されています。近年では清水寺と清水坂は世界的な観光地として知られ、世界中からの観光客で賑わっています。京都東山にある清水坂を写真と地図、交通アクセス、清水坂情報で案内いたします。

哲学の道写真

散策哲学の道花散歩(更新2020.11.28)

 京都市左京区鹿ケ谷にある哲学の道は、東山山麓の琵琶湖疎水沿いの静かな遊歩道です。哲学の道は銀閣寺橋から若王子橋の約1.5㎞程の琵琶湖疎水沿いの遊歩道で、ゆっくり歩いても30分程で歩ける道です。哲学の道を花散歩すると、京都東山鹿ケ谷の山麓に広がる豊かな自然と四季の花々を眺めることができます。哲学の道を写真、交通アクセス、地図、哲学の道情報、哲学の道沿いに咲く花、紅葉写真で案内いたします。

二条城写真

京都二条城花散歩(更新2020.11.10)

 京都市中京区にある二条城は我が国を代表する平城で、世界遺産に登録されているほか国宝、重要文化財など多数を擁しています。また二条城は特別名勝、史跡などにも指定されています。二条城は1603年(慶長8年)、江戸幕府初代将軍徳川家康が、天皇の住む京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所とするため築城したものです。二条城を花散歩すると素晴らしい文化財の他、四季の花や紅葉なども楽しむことができます。京都二条城を写真と交通アクセス、地図、二条城見学情報で案内します。

東北仙台写真

仙台東北仙台花旅(更新2020.11.2)

 東北仙台地方の春から夏は、ドラマチックです。雪に覆われた山々と、里の雪解け。この季節東北仙台地方は花旅に最適な季節になります。山々の雪と山麓の緑と花々が美しくなります。東北仙台地方には火山も多いので、温泉の旅にも最適です。東北地方、仙台の自然は豊かで多様です。東北、仙台方面の四季の花、自然をゆっくりお楽しみください。東北仙台地方の花旅・花散歩を写真と地図で案内いたします。

瑞鳳殿写真

伊達瑞鳳殿花散歩(更新2020.11.2)

 仙台市青葉区にある瑞鳳殿は、仙台藩伊達政宗を祀る霊廟です。瑞鳳殿は伊達政宗が没した1636年(寛永13年)に建設が始められ翌1637年(寛永14年)に建立されました。瑞鳳殿は桃山建築の傑作と言われ、国宝にも指定されていました。元の瑞鳳殿は1945年にアメリカ軍の空襲により焼失してしまいましたが、1979年に再建され1980年から瑞鳳殿の本殿、拝殿、涅槃門、御供所、瑞鳳殿資料館が公開されています。瑞鳳殿周辺に咲く、四季の花もきれいです。瑞鳳殿を写真と地図、交通アクセスで案内いたします。

秋保大滝写真

仙台秋保大滝花散歩(更新2020.10.30)

 仙台市秋保(あきう)大滝は那智、華厳と並ぶ日本三瀑布の一つに挙げられる豪快な滝です。秋保大滝は日本の名瀑百選にも選ばれ、国の名勝にも指定されています。秋保大滝は仙台市を流れる名取川の峡谷にあり落差55mを豪快に流れ落ちる様は迫力があります。また秋保大滝は滝つぼまで下ることが出来、滝つぼから見上げる秋保大滝は素晴らしいです。秋保大滝周辺に咲く、四季の花や紅葉も見事です。秋保大滝を写真と地図、交通アクセスで案内いたします。

三渓園写真

庭園花散歩(更新2020.10.2)

 日本列島各地の庭園・名園に咲く、色とりどりの花は華やかで美しいです。日本列島にはたくさんの庭園や名園があります。日本の気候は変化に富んでいますので、それぞれの庭園に咲く花も異なっています。日本列島各地の庭園名園の花散歩をお楽しみください。日本列島各地の庭園の花散歩を写真と地図、交通アクセスで案内いたします。

《横浜鎌倉の四季・新・更新ページは下です》

南部市場写真

市場横浜南部市場花散歩(更新2020.9.22)

 横浜市金沢区にある横浜南部市場は、横浜を代表する生鮮食品等の市場です。横浜南部市場には、南部市場食の専門店街と、新しくオープンしたブランチ横浜南部市場があります。横浜南部市場では一般の方も、買い物や飲食を楽しむことができます。横浜の食の台所として注目の、横浜南部市場を花散歩してみましょう。横浜南部市場花散歩を、写真と交通アクセス、横浜南部市場情報で案内いたします。

横浜ハンマーヘッド写真

横浜新港ハンマーヘッド花散歩(更新2020.9.18)

 横浜中区新港にある横浜ハンマーヘッドは横浜新港埠頭内にある、横浜港を望む新しい客船旅客ターミナル、商業施設、ホテルの複合施設です。ハンマーヘッド横浜には、1914年に整備された港荷役専用クレーンが保存され、そのクレーンの形状からハンマーヘッドの名が付けられました。ハンマーヘッド横浜の各店舗やオープンデッキからは海が臨め、浜風と青空を楽しめます。今日は横浜ハンマーヘッド周辺に咲く花々と共に、ハンマーヘッド花散歩を楽しみましょう。ハンマーヘッドを写真と交通アクセス地図、ハンマーヘッド情報で案内いたします。

大出つり橋写真

白馬大出つり橋花散歩(更新2020.9.5)

 白馬大出つり橋は、姫川に架かる木製のつり橋です。長野県白馬村を源流とする姫川(ひめかわ)は、古代からの伝説が多く残る神秘的な川です。姫川は白馬村の姫川源流から小谷村、新潟県糸魚川市を経て日本海に急流で流れ下ります。古代より姫川沿いからは翡翠や貴重な鉱物が産出され、世界各地へ輸出されていました。姫川は全長58㎞とそれほど長い川ではありませんが、変化に富んだ地形と姫川沿いの景色は素晴らしいです。今日は白馬村にある姫川に架かる大出つり橋の花散歩を写真、地図、交通アクセス、大出つり橋で情報で案内いたします。

姫川源流湧水写真

神秘姫川源流花散歩(更新2020.8.31)

 長野県白馬村を源流とする姫川(ひめかわ)は、古代からの伝説が多く残る神秘的な川です。姫川は白馬村の姫川源流から小谷村、新潟県糸魚川市を経て日本海に急流で流れ下ります。古代より姫川沿いからは翡翠や貴重な鉱物が産出され、世界各地へ輸出されていました。姫川は全長58㎞とそれほど長い川ではありませんが、変化に富んだ地形と姫川沿いの景色は素晴らしいです。今日は白馬村にある姫川源流の花散歩を写真、地図、交通アクセス、姫川源流情報で案内いたします。

八方池写真

白馬八方池花散歩(更新2020.8.29)

 長野県白馬村は北アルプス白馬三山や、五竜岳の山麓に広がる景観の美しい村です。今日は白馬村唐松岳の山麓にある八方池の花散歩を写真と地図、交通アクセスで案内いたします。八方池は標高約2060mにある高山の眺めの良い池で、八方池の池畔や八方池周辺では高山植物が観察できます。八方池周辺の高山植物も八方池花散歩の楽しみです。

法華寺写真

門跡法華寺花散歩(更新2020.8.23)

 奈良法華寺町にある法華寺の創建は古く、天平17年(西暦745年)です。法華寺の開基は聖武天皇の皇后の光明皇后で、門跡尼寺として知られています。法華寺は奈良時代に、総国分尼寺と位置付けられました。法華寺は光明皇后の父である藤原不比等の邸宅跡に造られた皇后宮を、宮寺に改め法華寺が造られました。法華寺には国宝の木造十一面観音立像など、素晴らしい文化財や建築物が多数あります。法華寺を写真と地図、交通アクセス、法華寺拝観情報で案内いたします。

白馬山麓写真

白馬白馬山麓花散歩(更新2020.8.9)

 長野県白馬村は北アルプス白馬三山や、五竜岳の山麓に広がる景観の美しい村です。今日は白馬村にある白馬山麓の花散歩を写真、花写真、地図、交通アクセスで案内いたします。白馬山麓の白馬村は、近年1年中自然と親しめるエリアとして世界中から注目を浴びている地域です。四季の花が美しい、白馬山麓の花散歩をお楽しみください。

細野諏訪神社写真

霜降宮細野諏訪神社花散歩(更新2020.8.1)

 長野県白馬村細野にある霜降宮細野諏訪神社は、古い歴史を持つ神社です。細野諏訪神社境内を花散歩すると、樹齢1000年と言われる杉の大木や古い石橋が出迎えてくれます。細野諏訪神社の歴史は定かではありませんが、江戸時代には参拝客が多く訪れた様子が見て取れます。また細野諏訪神社には李王朝の昌徳宮李王や高松宮が、訪問した記録があります。細野諏訪神社を写真、花写真、地図、交通アクセスで案内いたします。細野諏訪神社を周辺に咲く花とともにお楽しみください。

乗鞍大黒岳写真

乗鞍大黒岳花登山(更新2020.7.24)

 乗鞍大黒岳は中部山岳地帯、北アルプスの山です。乗鞍岳は標高3026mを有する剣ヶ峰を主峰とする23峰からなります。今日は乗鞍23峰の一つ標高2771mの大黒岳を、花登山してみましょう。乗鞍大黒岳の山麓、畳平(標高2700m)から乗鞍富士見岳にかけては、高山植物の女王コマクサの花を始めとする、高山植物の花畑が広がっています。乗鞍大黒岳の山麓畳平へは夏季バス路線も開設され、一般の観光客でも比較的気軽に行くことができます。しかし乗鞍大黒岳は高山地帯で、標高2771mあります。天候の急変や降雪、落雷には充分気をつけてください。乗鞍大黒岳の花登山の様子と乗鞍大黒岳周辺の高山植物を写真と交通アクセス地図、乗鞍大黒岳登山情報で案内します。

日比谷公園写真

東京日比谷公園花散歩(更新2020.7.18)

 東京千代田区にある日比谷公園は、東京を代表する歴史ある公園です。日比谷公園は明治時代(1903年)になり、東京市営の公園として開園しました。日比谷公園内を花散歩すると、江戸時代の藩屋敷の庭園の跡や伊達政宗終焉の地などを見ることができます。また日比谷公園内に咲く四季の花も多く、バラ園に咲くバラの花は見事です。日比谷公園を写真、地図、交通アクセス、日比谷公園情報で案内します。日比谷公園は気軽に利用できて、花散歩や行楽にも最適な場所です。

摩周湖写真

摩周ブルー摩周湖花散歩(更新2020.6.28)

 北海道の道東弟子屈町にある摩周湖は、標高857mの摩周岳のカルデラ湖です。摩周湖の湖水は青く澄んでいて、バイカル湖に次ぐ世界第2位の透明度を誇っています。摩周湖は火口に水が溜まってできた火山湖のため、周囲は切り立った崖になっています。摩周湖の湖面標高は355mで、急峻な火口壁上にある展望台からは湖面を見下ろす形になります。摩周湖の湖畔の木々や、四季の花々も綺麗です。また摩周湖の冬季の雪景色や、霧氷も素晴らしいです。日本の誇る美しい湖の一つである摩周湖を、写真と地図、交通アクセス、摩周湖見学情報で案内いたします。

奈良東大寺大仏殿写真

奈良東大寺花散歩(更新2020.6.24)

 奈良東大寺の創建は奈良時代で、世界遺産にも登録されています。広大な伽藍を持ち東大寺大仏殿を始めとして、南大門、法華堂、戒壇院、二月堂、正倉院など素晴らしい歴史遺産があります。奈良公園に点在しているこれらの建造物だけでも見るのに時間がかかります。どれも見ごたえがありますのでゆっくり廻りたいですね。奈良東大寺を写真と地図、交通アクセス、東大寺拝観情報で案内いたします。

横浜ベイサイドマリーナ写真

マリーナ横浜ベイサイド花散歩(更新2020.6.18)

 横浜市金沢区にある横浜ベイサイドは、横浜市南部の海辺のリゾートです。横浜ベイサイドは海の駅にも指定されている横浜ベイサイドマリーナの他、三井アウトレットパーク、ユニクロパークなどの商業施設や飲食施設を備えた海辺のリゾートです。横浜ベイサイドを花散歩すると、広いヨットハーバーや買い物、食事などを楽しむことができます。横浜ベイサイド周辺の花散歩を、写真と交通アクセス、横浜ベイサイド周辺情報で案内いたします。

函館朝市写真

市場函館朝市探訪(更新2020.6.14)

 北海道函館駅前にある函館朝市は、終戦後函館駅前で野菜の立ち売りを始めたのが始まりと言われている市場です。戦後函館朝市は青函連絡船から道内の列車の乗り継ぎ客にも、愛用され発展してきました。最近では函館朝市の多くの店舗の店先や奥では、新鮮な魚介類を立ち食いや海鮮丼、定食などとしても提供しています。函館朝市は近年、外国人観光客の人気スポットとしても知られ多くの観光客で賑わっています。函館駅前にある函館朝市を、写真と交通アクセス地図、函館朝市情報で案内いたします。

《横浜鎌倉の四季・新・更新ページは下です》

東院庭園写真

平城宮東院庭園花散歩(更新2020.5.31)

 奈良平城宮跡にある東院庭園は、奈良時代の平城宮の貴重な庭園遺構です。平城宮跡地は現在発掘中ですが、平城宮でも重要な位置を占める東院庭園が復元され、現在公開中です。東院庭園には季節の花が咲き、奈良時代の平城宮での生活を偲ぶことができます。東院庭園は平城宮の南東部にありますが、ここで宮廷の儀式や宴会が行われたようです。東院庭園を写真と東院庭園地図、交通アクセス地図、東院庭園見学情報で案内いたします。

八栗寺アジサイ花写真

四国霊場八栗寺花散歩(更新2020.5.28)

 香川県高松市にある八栗寺は四国霊場八十五番札所の弘法大師縁のお寺です。八栗寺の創建は古く淳和天皇の時代で天長6年(西暦829年)です。開基は弘法大師空海と言われています。八栗寺は四国霊場八十五番札所としてだけではなく、お聖天様と呼ばれ親しまれている歓喜天がまつられています。八栗寺は開運厄除け商売繁盛の寺としても知られています。山深い八栗寺へはケーブルカーが便利で安全です。八栗寺を写真、地図、交通アクセス、八栗寺拝観情報、八栗寺に咲く花で案内します。

ムクゲ花写真

夏花東京夏の花散歩(更新2020.5.21)

 東京に咲く夏の花を写真と花観察地図で案内するページです。東京は大都市で花や緑が少ない地域と思われていますが、都心部は意外に大きな庭園や公園が豊富にあります。今日は東京に咲く夏の花を皆様にご案内いたします。夏の東京に咲く花は華やかで涼しげです。

富岡総合公園写真

横浜富岡公園花散歩(更新2020.5.19)

 横浜市金沢区にある富岡総合公園は、戦前の横浜海軍航空隊の跡地に造られた公園です。富岡総合公園の面積は219,208㎡あり、園内にはスポーツ施設の他樹林地や遊歩道、見晴らし台などもあります。富岡総合公園の広い園内を花散歩すると、四季の花々を楽しむことができます。また富岡総合公園内には小川も流れていて、水辺の生物も観察できます。富岡総合公園周辺の花散歩を、写真と交通アクセス、富岡総合公園周辺情報で案内いたします。

アガパンサス花写真

横浜平潟湾花散歩(更新2020.5.15)

 横浜市金沢区にある平潟湾付近は、古くからの名勝地です。平潟湾付近は古くから開け、源頼朝も鎌倉幕府から足を延ばした遊興の地です。平潟湾周辺は金沢八景と呼ばれ、江戸時代には広重などによって世界にも紹介された景勝地になっています。平潟湾周辺を花散歩すると、四季の花々と平潟湾の海辺の風景を堪能することができます。横浜南部の風光明媚な平潟湾周辺の花散歩を、写真と交通アクセス、平潟湾周辺情報で案内いたします。

ハナショウブ花写真

梅雨の花梅雨時の花旅(更新2020.5.13)

 今年も梅雨の季節が、日本列島にやってきました。梅雨時の花旅散歩は嫌いと言われる方も多いですが、梅雨時は意外の花も多く梅雨の晴れ間の花旅花散歩は快適です。今日は日本列島各地の梅雨時の花旅花散歩を、写真と梅雨時の花観察地図でお楽しみください。

ハマナス花写真

国定公園大沼公園夏の涼風(更新2020.5.5)

 大沼国定公園は函館の郊外七飯町、鹿部町、森町の3町にまたがる9083ha(ヘクタール)の公園です。駒ケ岳の噴火によって形作られた大沼、小沼、じゅんさい沼など大小の湖沼が連なっています。大沼公園は四季の自然や花々が素晴らしく、大沼公園駅からの花散歩にも最適です。今日は大沼公園に咲く夏の花と涼しげな大沼公園の自然を写真と花観察地図、大沼国定公園情報で案内いたします。

アヤメ花写真

初夏東京初夏花散歩(更新2020.4.28)

 今日は東京の公園や庭園、街角で見かける、初夏の花をご紹介いたします。東京には花が少なそうに思えますが、東京には意外に緑や公園も多く初夏の花も綺麗です。東京は交通の便もよく、花散歩も快適にできます。また東京初夏花散歩をしながら買い物やグルメなども楽しむことができます。東京初夏花散歩を写真、地図、交通アクセス、東京初夏花散歩情報で案内します。皆様も東京初夏花散歩をお楽しみください。

啄木小公園写真

函館啄木小公園花散歩(更新2020.4.26)

 北海道函館市にある啄木小公園は、函館山を望む海辺にある眺めの良い小さな公園です。啄木小公園は昭和33年に彫刻家本郷新氏から寄贈された啄木像が、ここ大森浜に設置されたことが始まりです。啄木小公園には「潮かおる 北の浜辺の 砂山の かの浜薔薇(ハマナス)よ 今年も咲けるや」の句碑もあります。啄木小公園を花散歩すると啄木の愛した函館とこの大森浜を歩く啄木の姿が目に浮かびます。また啄木小公園には啄木が愛したハマナスの花やハマヒルガオの花が咲きます。啄木小公園花散歩を、写真と交通アクセス地図、啄木小公園花情報で案内いたします。

サツキ花画像

初夏初夏の花旅(更新2020.4.19)

 日本列島各地から、初夏の花のたよりが届いてきました。日本列島も意外に広く、沖縄と北海道では、初夏でも気象条件が異なります。ページ上にあるアメダス情報や各地の天気を確認して、初夏の花散歩に出かけると良いですね。初夏は花旅や花散歩、登山、海の花散歩など屋外でのレジャーに最適な季節です。各地の初夏の花旅、花散歩を写真と地図を見ながら素晴らしい初夏をゆっくり楽しんでください。

崇元寺写真

王朝寺院崇元寺花散歩(更新2020.4.18)

 沖縄県那覇市泊(とまり)にある崇元寺跡は、琉球王朝時代に建てられた臨済宗の寺院です。崇元寺の創建は古く、琉球王朝の尚清王即位の1527年頃です。崇元寺は古くからの貿易港那覇泊港に近く、ここで外交使節の冊封使を出迎える行事を行っていた場所と考えられています。那覇崇元寺の木造建築物は沖縄戦で焼失しましたが、崇元寺の石門(アーチ門)は残され重要文化財に指定されています。崇元寺跡を写真、地図、交通アクセス、崇元寺跡見学資料、崇元寺跡と周辺に咲く花で案内します。

頤和園文昌院写真

世界遺産世界遺産花散歩(更新2020.2.18)

 世界遺産には世界文化遺産と世界自然遺産がありますが、現在世界中に世界遺産に登録されている件数は1000件を超えています。日本にある世界遺産は2020年時点で23件でそれほど多くはありませんが、各地の世界遺産を花散歩すると、自然の素晴らしさと人類の歴史を実感します。各地の世界遺産の花散歩を写真と地図、世界遺産見学情報で案内いたします。

白川郷写真

世界遺産白川郷花散歩(更新2020.2.15)

 岐阜県大野郡白川村にある白川郷は、雪深い山間の集落です。白川郷は世界遺産に指定されている藁葺の民家の歴史的建造物が立ち並ぶ地域です。白川郷を花散歩すると、藁葺の古い民家と四季の花々が出迎えてくれます。白川郷の花散歩を写真と、交通アクセス、地図、白川郷情報で案内いたします。

首里円覚寺写真

沖縄首里円覚寺探訪(更新2020.2.1)

 沖縄県那覇市首里城前にある円覚寺は、琉球王朝時代に建てられた臨済宗の寺院です。首里円覚寺の創建は古く、琉球王朝の黄金時代を築いた尚真王が1494年に建立しました。首里円覚寺は、鎌倉円覚寺を模して造られたと言われています。首里円覚寺の仏殿は琉球建築の粋を極めたもので国宝に指定されていましたが、沖縄戦で放生橋残し焼失してしまいました。首里円覚寺は現在総門と放生池のみが再建され、沖縄県指定有形文化財に指定されています。首里円覚寺を写真、地図、交通アクセス、首里円覚寺見学資料、首里円覚寺周辺に咲く花で案内します。

万座ビーチリゾート写真

沖縄万座ビーチリゾート探訪(更新2020.1.26)

 沖縄県恩納村にある万座ビーチリゾートは、コーラルサンドの白い砂浜とサンゴ礁の美しい海に囲まれた風光明媚なビーチリゾートです。万座ビーチリゾートは琉球王朝の聖地万座毛に面した万座岬(Cape Manza)にあります。万座ビーチリゾートを取り囲む海はサンゴ礁にあり、色とりどりの熱帯魚が泳ぐ美しい海です。また万座ビーチリゾートのある万座岬には美しい熱帯、亜熱帯の植物や四季折々の花々が観察されます。万座ビーチリゾートを写真、地図、交通アクセス、万座ビーチリゾート資料で案内します。

雪の三千院朱雀門

冬花冬の花旅(更新2019.12.29)

 冬の寒い時期に咲く花は、清楚で美しいです。冬景色や雪景色を眺めながら花散歩をすると思いがけない可憐な花や、感動的な景色に出会うことがあります。今日は冬の寒い時期に咲く美しい花や、雪景色を写真と観察地図で案内いたします。日本の冬は変化に富んでいて、冬に咲く花もバラエティーに富んでいます。

金閣寺舎利殿画像

鹿苑寺金閣寺花散歩(更新2019.12.7)

 金閣寺の正式名称は、北山鹿苑寺(ほくざん ろくおんじ)です。金閣寺の創建は足利義満で、室町時代の北山文化を代表する建造物です。金閣寺舎利殿は1950年に放火炎上後、1955年に再建されました。金閣寺は世界遺産にも登録されていて、国内外からの観光客で賑わいます。金閣寺舎利殿の鳳凰は、火災からの免がれて現存しています。北山鹿苑寺(金閣寺)を写真と地図、交通アクセス、金閣寺拝観情報で案内いたします。

円覚寺山門画像

鎌倉円覚寺花散歩(更新2019.12.7)

 北鎌倉にある円覚寺は、鎌倉五山の第2位を占める名刹です。北鎌倉の臨時改札口を出ると、そこは円覚寺の境内の一部になっています。JR横須賀線は円覚寺の境内を横切る形で走っています。円覚寺の創建は1282年で、開基は北条時宗、開山は無学祖元です。円覚寺は禅宗の寺として知られていて、座禅会に参禅する人も多い寺です。円覚寺の広い境内には、国宝の舎利殿をはじめ多くの文化財が残されています。円覚寺を写真と交通アクセス、地図、拝観情報で案内いたします。

《横浜鎌倉の四季・新・更新ページは下です》

西の京画像

悠久の都奈良寺社の花散歩(更新2019.11.1)

 奈良は古くから文化が開けた場所です。奈良時代にはシルクロードの終着点として、国際都市として栄えました。奈良は日本古来の民間信仰の祠や神社なども多く残されています。また奈良は仏教伝来の地であり、飛鳥寺や唐招提寺などの仏教寺院も多く残されています。奈良の寺社を写真と寺社に咲く花々、寺社の交通アクセス地図で案内いたします。

秋バラ花画像

秋バラ横浜秋バラ散歩(更新2019.10.12)

 横浜に秋風が吹き出すと、秋バラが咲きだし散歩に最適な季節になります。秋の横浜ではハロウィン、オクトーバーフェストなど秋の行事で横浜市内は賑わいます。また横浜に秋バラが咲く頃は空気も澄んで、横浜の夜景も一層きれいに輝いて見えます。それでは横浜に咲く秋バラの花を、秋バラ花写真と秋バラ花観察地図で案内いたします。

三渓園紅葉画像

秋花三渓園秋の花散歩(更新2019.10.2)

 横浜三渓園は明治時代に生糸貿易で財をなした、原三渓(原富太郎)が造った広さ175000㎡もある庭園です。三渓園内には京都や鎌倉から移築した重要文化財の歴史的建造物ほか、狩野派の襖絵など素晴らしい文化財が点在しています。広い三渓園内を秋に花散歩すると秋の花が咲き誇っています。今日は国指定の名勝、横浜三渓園に咲く秋の花々や植物を写真と地図で紹介しましょう。三渓園に咲く秋の花は素晴らしいです。

サザンカ花画像

秋花京都秋の花散歩(更新2019.9.20)

 暑い夏も終わり秋風とともに、京都の街に秋の花が咲きだしました。京都の街角に咲く秋の花は、清楚で可憐です。また京都の寺社の境内にひっそりと咲く秋の花は、情緒があります。今日は京都の街角や、寺社にひっそりと咲く秋の花を写真と秋の花観察地図で案内いたします。

ヤマハハコ花画像

梓川上高地植物と花(更新2019.9.6)

 長野県松本市にある上高地は、北アルプスの山麓にある高原地帯です。上高地は標高1500mの高原にあり、穂高連峰や霞沢岳、焼岳の眺めは素晴らしいです。また北アルプス山麓の上高地を花散歩すると、高山植物や山の花、湿原の植物、野生生物に出会うことができます。上高地周辺の植物と花を写真と交通アクセス地図、上高地周辺に咲く花情報で案内します。

ハギ花画像

花散歩鎌倉寺社の花(更新2019.9.2)

 古都鎌倉の寺社に咲く四季の花々は美しく可憐です。鎌倉の寺社に咲く花々を写真と観察地図で案内いたします。鎌倉は三方を急峻な山、南は湘南の海に囲まれ、要塞として生まれた街です。自然が豊富な鎌倉の寺社に咲く四季の花を、写真と花観察地図で案内いたします。鎌倉花散歩に最適な寺社を、写真と交通アクセス、地図、拝観情報などで紹介します。

松本城画像

国宝松本城花散歩(更新2019.8.25)

 長野県松本市にある松本城は1504年に築城され、安土桃山時代から江戸初期に建造された天守が現存し国宝に指定されています。松本城の天守は保存が良く、我が国を代表する城の一つとなっています。深志城や烏城とも呼ばれる松本城を、写真と交通アクセス地図、松本城見学情報で案内します。

京都夏の花

京都京都寺社の花(更新2019.7.6)

 京都市内にある寺社の数は小さなものも含めると、2500にも上ると言われています。古都京都の市民に愛されている京都の寺社に咲く四季の花は、華やかで雅です。そんな京都の寺社に咲く四季の花と京都の紅葉、雪景色をご案内いたします。京都の寺社に咲く花々や紅葉、雪景色を、写真と地図でご覧ください。

小石川後楽園画像

名園小石川後楽園花散歩(更新2019.3.4)

 東京文教区にある小石川後楽園は、東京を代表する名園の一つです。小石川後楽園は水戸徳川家の江戸屋敷に造られた日本庭園で、7万㎡以上の広大な敷地に趣向を凝らした池や橋を配置しています。小石川後楽園を花散歩すると素晴らしい景色と、四季の花々を堪能することができます。小石川後楽園を写真、地図、交通アクセス、小石川後楽園情報で案内します。

オリーブ公園画像

小豆島オリーブ公園花散歩(更新2019.2.12)

 香川県小豆島にあるオリーブ公園は、オリーブをテーマとした眺めの良い公園です。オリーブ公園からは瀬戸内の美しい海を眺めることができます。またオリーブ公園にはギリシャ風の風車や建築物があり、撮影スポットとしても人気です。小豆島にあるオリーブ公園を写真、地図、交通アクセス、オリーブ公園資料、オリーブ公園周辺に咲く花で案内します。

《横浜鎌倉の四季・新・更新ページは下です》

近江町市場画像

活気近江町市場探訪(更新2018.2.15)

 石川県金沢市にある近江町市場は、金沢の中心部にあり、金沢の台所と呼ばれている市場です。近江町市場の歴史は古く元禄3年(1690年)に袋町の魚市場が、享保6年(1721年)犀川口の市場が、現在の場所に移り併合してできました。現在では近江町市場は、約170軒の店舗、飲食店が軒を連ねています。290年の歴史を持つ近江町市場を写真と、交通アクセス、地図、近江町市場情報で案内いたします。

兼六園画像

名園兼六園花散歩(更新2018.2.13)

 石川県金沢市にある兼六園は、国の特別名勝に指定された銘園です。兼六園は17世紀ごろ前田家により、金沢城の外郭に造営された池泉回遊式庭園です。兼六園の名は、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名されました。兼六園に咲く、四季の花もきれいです。兼六園を写真と、交通アクセス、地図、兼六園見学情報で案内いたします。

★★★途中省略★★★

紫禁城画像

北京故宮博物院紫禁城花散歩(更新2012.1.16)

 中華人民共和国北京市にある紫禁城は明朝、清朝皇帝の居城であり、皇宮でした。紫禁城は1421年に南京から北京に遷都されてから、1912年に溥儀が皇帝を退位するまでの491年もの間中国皇帝の皇宮であり続けました。1925年に紫禁城は故宮博物院の一部となりました。紫禁城は現在故宮博物院の文物の一つ(明朝、清朝の歴史的文物)として、公開されています。故宮博物院・紫禁城の面積は実に780000㎡もあります。今日は故宮博物院・紫禁城を写真と交通アクセス地図、見学情報で案内いたします。

 横浜鎌倉の四季更新記録を、楽しんでもらえたでしょうか?横浜鎌倉の四季のページはこれからもどんどん新しくなりますので、是非更新の記録をご覧下さい。横浜鎌倉の四季のページは、全てオリジナル写真と現地調査で作成しております。ご意見、お知らせなどありましたら、メール(fwic1881@nifty.com)で連絡下さい。皆様ゆっくりと各地の花散歩をお楽しみください。

四季の花アルバムに戻る

ベストトラベルに戻る

チャオトラベルに戻る

Back to Japan Travel Photo Album

Back to Four Seasons Flower

私たちのページはリンクフリーです

Free Link to our Pages

引用なども自由にどうぞ

安心★横浜鎌倉の四季★リンク

四季の花旅 海外の花散歩 七色の図鑑 城めぐり花旅 元気な市場通探訪 火山温泉探訪 植物園花散歩