横浜鎌倉の四季火山温泉探訪草津白根火山と温泉草津湯畑交通地図

草津白根火山と温泉

草津白根に観光シーズン到来志賀草津道路開通・草津温泉の湯は最高です

Volcano & Hot Spring of Kusatsu Shirane

草津温泉白根火山は最高・好評志賀の色志賀大沼池長池の自然Japan travel北投温泉探訪草津湯畑交通地図

草津アメダス天気予報時系列予報降水レーダー週間天気予報草津観光情報好評火山温泉探訪万座温泉散歩

 標高の高い、草津白根火山観光シーズンがやってきました。まだ降雪、路面凍結の恐れがありますので、通行には気をつけてください。雪景色の白根火山も見事です。標高2171mの白根山は、まだ残雪が多いので気をつけてください。白根火山の山麓にある草津温泉では露天風呂や湯治に、現在最高の季節です。この付近は日本でも有数の火山地帯で、活発な活動を続ける火山がたくさんあります。時には大災害をもたらす火山も、私たちに温泉や風光明媚な地形を与えてくれます。今日は草津白根山と観光客で賑わう草津温泉を写真で紹介しましょう。気軽に写真と地図を眺めてください。

白根火山火口湖湯釜写真

《白根火山火口湖湯釜写真・湯釜はエメラルドグリーンです》

白根火山周辺地図Mt.Shirane Map

湯釜地名入り写真

《湯釜地名入り写真》

白根山湯釜周辺地図Mt.Shirane Volcano Map

 草津白根山活発な火山です。時々噴火して被害をもたらすこともあります。気象庁でも常時観測していて、異常な活動があれば警報が出せる態勢が整っています。湯釜は噴火口に水がたまったものですが、火山活動や光の条件にとって様々な色に見えます。美しい湯釜の色は、時に神秘的にも見えます。

火口湖に浮かぶイオウ浮遊物写真

《火口湖に浮かぶイオウ浮遊物写真》

 私たちが見たときも湯釜の火口にイオウの浮遊物と変色水が観測されました。湯釜はPH1.2の強酸性です。この変化は草津白根山としてはレベル1で平穏な火山活動になります。エメラルドグリーンの湖水はきれいですね。湖水の色は台湾の北投温泉にある地熱谷の湯の色に似ています。

湯釜から本白根山望む写真

《湯釜から本白根山望む写真》

本白根逢ノ峰周辺地図Mt.Motoshirane Map

白根山周辺地名入り写真

《白根山周辺地名入り写真》

現在火山活動が活発な場所は白根山ですが、かつては本白根山が盛んに噴火していました。早春はまだ雪が深く行くことが困難ですが、本格的な夏・秋にハイキングすると、かつての噴火口や火口湖の鏡池を見ることができます。高山植物も多く観察でき、火山の勉強にもなるお勧めのコースです。

夏の殺生河原写真

《夏の殺生河原写真》

殺生河原写真

《殺生河原写真・硫化水素が噴出しています》

殺生河原周辺地図Kusatsu Seshougawara Map

 白根山の山麓にある殺生河原まで下ると、硫化水素のにおいがします。このあたりは硫化水素の濃度が高く危険です。道路わきにも「絶対駐停車禁止」の標識が出ていました。本当に危険ですから駐停車しないほうが良いです。

草津温泉西ノ河原公園写真

《草津西ノ河原公園写真》

草津西ノ河原公園周辺地図Kusatsu Sainokawara Map

草津温泉西ノ河原・湯川写真

《西ノ河原・湯川写真》

草津西ノ河原湯川周辺地図Kusatsu Sainokawara Yukawa Map

 殺生河原をさらに下ると、草津温泉が見えてきます。ここから湯川沿いに下ると西ノ河原公園があります。白根山のマグマで熱せられた地下水が、温水となって湧き出し、湯川となって草津温泉街に流れている様子を観察することができます。湯川に手を入れてみると、雪解けの今頃(早春)でも暖かいです。ところどころにある温泉の噴出口は、熱くて手を入れられないほどの温度がありました。便利草津温泉湯畑交通案内地図

ベルツ博士の像写真

《ベルツ博士の像写真》

 西ノ河原公園の中にベルツ博士の像がありました。故国ドイツから送られた花輪が飾られていました。ベルツ博士はドイツ人の医学者で草津の湯を世界に紹介した人です。科学者としての鋭い批判精神は、現代にも通用するものかもしれません。

草津光泉寺釈迦堂写真

《草津光泉寺釈迦堂写真》

光泉寺釈迦堂周辺地図Kusatsu Kousen-ji Temple Map

草津光泉寺境内観音像写真

《草津光泉寺境内観音像写真》

 西ノ河原を下って行くと草津温泉街に出ます。連休中で温泉街は賑わっていましたが、光泉寺境内は静かでした。ちょうどサクラの花が咲いていました。草津温泉のルーツを知る場所として、立ち寄りたい場所ですね。

温泉を祭った祠写真

《温泉を祭った祠写真》

祠のコインの腐食写真

《祠のコインの腐食写真》

 光泉寺をさらに下ると、草津温泉のシンボルとなっている湯畑に近づきます。湯畑の湯が出る少し上に祠があり、温泉を祭っているようです。その祠に投げられたコインが、腐食されている様子が観察されました。草津の温泉に含まれる硫化水素ガスによって10円玉や5円玉に含まれる銅が硫化物となり、硫化銅ができているようです。硫化水素自体は毒ガスですが、温泉に少量含まれる場合は薬効があります。毒変じて薬となるわけですね。便利草津温泉湯畑交通地図

草津のシンボル湯畑の湯の花写真

《草津のシンボル湯畑の湯の花写真》

湯畑周辺地図Kusatsu Yubatake Map

湯畑の湯の花採取用の樋から流れる温泉写真

《湯畑の湯の花採取用の樋から流れる温泉写真》

湯畑を観察していると飽きません。湯畑の湯からは、黄色いイオウを含む湯の花が析出しています。草津の湯は優れた薬効を持つために、古代から重宝されていたようです。客観的には水素イオン濃度(PH)2の強酸性で、毒ガスの硫化水素などを含むのですが、浸かると全身ホカホカになり最高の湯です。江戸時代(寛政2年)には湯の花を、今と同じ方法で採取していたようです。採取された湯の花は草津みやげとして江戸に持ち帰り、江戸で楽しまれたそうです。湯の花を見ると江戸時代の人たちの知恵と商魂に驚かされます。明治に入り、ベルツ博士が草津の湯が医学的に有効であることを世界に紹介しました。

PH2の強酸性でも育つ光合成細菌類写真

《PH2の強酸性でも育つ光合成細菌類写真》

 湯畑の川床を良く見ると、緑色の光合成細菌シアノバクテリアの仲間が育っていることがわかります。湯畑の湯は強酸性でPH2です。こんな強酸性の湯の中でも育つ生物のたくましさに感動します。この湯川の水はそのまま下流に流すと農作物などに悪影響をもたらせるために、現在は炭酸カルシウム中和してから、下流に流されています。

ザゼンソウの花写真

《ザゼンソウの花写真》

ザゼンソウ公園周辺地図Kusatsu Zazensou-kouen Map

 草津温泉から少し草津道路を下ったところに、草津ザゼンソウ公園がありました。ザゼンソウは雪の中から真っ先に花をつけると言われている珍しい花です。ゆっくり見るのは今回初めてでしたが、色はきれいな紫色です。仏炎苞の形はミズバショウに似ています。最近ザゼンソウが雪の中でも、動物に近い発熱メカニズムによってコンチュウをおびき寄せ受粉率を高めているのではないか、など興味深い研究発表がされています。

ミズバショウの咲く沼とカモ写真

《ミズバショウの咲く沼とカモ写真》

草津スキー場周辺地図Kusatsu Ski Map

 草津温泉では連休の頃は雪解けの時期で、ミズバショウが見ごろです。また光泉寺近くにシャクナゲの大群落があり、初夏には見事に咲きます。これからの季節花を楽しめるので楽しみですね。

残雪と早春の志賀草津写真

《残雪と早春の志賀草津写真》

渋峠周辺地図Shibu Touge Map

吾妻峡もきれいです・ロマンチック街道写真

《吾妻峡もきれいですロマンチック街道

志賀高原大沼池写真

志賀高原大沼池もきれいです》

高山植物写真

高山植物もきれいです》

 白根山から草津温泉までゆっくり下って行くなかで、山々や自然から火山の熱やエネルギーを少し見せてもらうことができました。日本は火山国です。火山の災害から逃げられないわけですが、火山を利用して楽しむ人間のたくましさも感じた今回の旅でした。よろしかったら万座温泉花散歩も眺めていってください。

草津湯畑交通アクセス地図 へ戻る

火山温泉探訪へ戻る

横浜鎌倉の四季へ戻る

Back to Japan Travel Photo Album

私たちのページはリンクフリーです

Free Link to our Pages

引用なども自由にどうぞ

安心★横浜鎌倉の四季★リンク

火山温泉探訪 大涌谷箱根火山探訪 小京都小布施須坂 万座温泉花散歩 志賀高原の動植物 志賀高原大沼池の自然と植物 北信志賀高原の色 上高地の動植物 北信州花旅 黒部ダム安曇野花旅 信州花旅 安曇野蝶と花の旅 白馬山麓のチョウと花 レトロタウン松本散策 白馬塩の道を歩く 秋の上高地松本安曇野 黒姫野尻湖の旅 会津日光花旅 ロマンチック街道花旅 列車で行く会津旅 会津喜多方の旅 会津は桜満開 台北新北投温泉花散歩 トラベルチャオ

リンク

JRバス関東 長野電鉄 JR東日本 松本電気鉄道 草津町 山ノ内町 飯山市 木島平村 松本市役所 安曇野市役所 白馬村 白馬村観光局 塩の道温泉